人の人生の中で最も時間を使うことが睡眠であることは、誰もが知っている事ですが、理想的な睡眠時間は8時間と言われているため、1日24時間の中で3分の1が睡眠に充てられる事となるのです。

厚生労働省の調査によると15歳以上の有業者における平均睡眠時間は1991年が454分に対し2011年では445分と、右肩下がりに減少傾向で、特にスマートフォンの普及に伴い睡眠前の電子機器の操作による睡眠不足は現代社会問題のひとつとして重要な課題と認識されていると思います。睡眠には睡眠時間の問題点と合わせて、昨今話題となっているのは睡眠の質に関しても重要だということが認知されつつあり、いびきや歯ぎしりなどの無呼吸症候群や深い眠りのノンレム睡眠へ入ることが出来ない、一種の寝付けない状態が続くなど、良い睡眠をするには努力が必要になってきています。

良い睡眠を誘うには寝る前にブルーライトから遠ざかることやお風呂に浸かって体温調整を最適にするなど、よく知られているが、寝台としてまずは寝場所であるベッドや布団などのマットレス選びが良い睡眠への努力をさきがける最も改善しやすく、取っつきやすい行動です。想像しやすく誰もが比較しやすい特徴として、まずは自分にとって理想的な硬さのマットレスを探すことから始めるべきです。

低反発なものから堅いマットレスまで様々な商品があるが、一番重要なのは自分の体重に合った堅さのマットレスを実際に寝て比較してから選ぶことは知れている事ですが、ポイントはその堅さが長く使っても維持できるかという点です。筆者としては、無印良品やIKEA・ニトリ・西川・フランスベッドなど様々な商品を比較してきましたが、堅いものの方が長く硬さを維持できるため腰痛などで低反発のような沈むタイプが必要になった時は薄い低反発をその上に敷け場良いので、まずは堅いマットレスをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *