最近、高性能で様々な種類のマットレスが登場するようになりました。

アスリートも使っているという宣伝もあって、一種のブームにもなっているようです。しかし、あまりにも種類が豊富にあると、選ぶ側としてはどれを選んだら良いのか迷ってしまうということにもなりかねません。いったいどのようなポイントで比較するのが良いでしょうか。一般的に高品質なマットレスには、低反発のものと高反発のものがあります。

両者は全く正反対の性質を持っているので、消費者を悩ませる原因となっています。両者の違いは、柔らかいか固いかの違いと勘違いしている人もいるようですが、そうではなく反発力があるかないかと違いです。

つまり、マットレスの上に寝たときに、押し返す力が強いか弱いかの違いなのです。低反発の場合は、高反発と比較すると反発力が弱いために、じわっと沈み込んでいく感じになります。手のひらを押し付けると、その手のひらの形がしばらく残ります。それに対して高反発は、低反発と比較して反発力が高いために、体が押し返される感じになります。それを固いと感じる人もいるかもしれませんが、床の上に寝ているように体が当たっている部分が痛くなるわけではありません。寝返りのしやすさで比較するなら、断然高反発が有利です。優しい包み込むような感じが良ければ低反発でしょう。結局のところ、どちらのマットレスのほうが良いのかということを簡単に言うことはできず、実際に寝てみて良いと思ったほうを選ぶのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *