高反発マットレスの材質は、ウレタンでできているものが多いのですが、しっかりとした反発力によって体をサポートし、体圧分散性能にも優れています。

ところで、材質として使われているそのウレタンは、4つの種類に分けることができます。まず1万円未満の格安な高反発マットレスに使用されていることが多いのが、硬質ウレタンフォームです。建築資材などによく使われるもので、寝心地は硬めです。売れ筋の高反発マットレスで使用されることが多いのが、スタンダードウレタンフォームです。

ウレタンの質によって寝心地が左右されますが、基本的には快適な寝心地を期待することができ、ほとんどの高反発マットレスで使われているのが、このスタンダードタイプになります。弾むようにな弾力があるのが弾力性ウレタンです。体を持ち上げるかのような寝心地で、高級な高反発マットレスによく使用されます。ただ、コストが高いので、多重構造の表面に使われることが多いです。

最後に通気性が悪いという弱点を改良したのがフィルターフォームです。やはりコストが高いので、多重構造の内部で使われることが多いです。見た目は同じように見えたり、高反発をうたい文句にしていたとしても、中身が違うということは理解しておく必要があります。ウレタンの品質の良さは寝心地の良さにつながるので、少しでも品質の良いものが欲しいのなら、密度が高く弾性力に富み、通気性の良いものを選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *