布団は定期的に打ち直すことで新しく購入するよりも費用を抑えることができます。

わたが入った木綿布団はわたを打ち直しすると吸湿性や保湿性が高くなるので寝心地の良いものになります。新しく購入するよりも半分から3分の2程度の価格で打ち直すことが可能で、ダニや埃なども取り除くことができるので安心して眠れます。布団には打ち直しのタイミングがあります。ぺちゃんこになって保湿性がなくなった、じめじめしている、カビ臭い、側生地が破れたなどを感じたら打ち直しの時期です。

打ち直すことで汗の吸収を良くすることができ、温かさも感じることができるようになるのでゆっくりと就寝できます。丸洗いのクリーニングに出しているので安心と思っている人もいますが、わたの中に閉じ込められたダニや埃は取り除くことができないので、打ち直しと丸洗いのクリーニングを併用する人もいます。基本的に打ち直すことはどんな布団でも打ち直すことは出来ますが、寿命や寿命に近い状態になったわたの場合、せっかく打ち直しに出しても良い仕上がりにならないこともあります。

黒ずんで寿命がきたわたは打ち直すことはできても膨らまず、埃も出やすいです。その場合は新しく購入するほうがいいです。布団に入ると咳き込むことが多くなった、喘息持ちの方、生地はすれたりはたくだけで埃が出るという場合はすぐに打ち直すか買い換える必要があります。専門の業者に相談してみるのもいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *