布団の打ち直しってご存知ですか。

簡単に言うと布団を再利用(リフォーム)することです。今は、安く購入できることから、古い物は捨てて新しく購入する方が多いため、再利用する方は少ないように感じます。では、どのような時に打ち直しをした方が良いのでしょうか。重たく感じられるようになった。長年使用し干してもふっくらしない、ペッタンコになってしまった。サイズを変更したい。掛けから敷きに、またはその逆にしたい。

このような場合に打ち直しをすることで、新品同様にふっくら蘇り、ぐっすり眠れるようになるのです。それは、どのような素材でも可能ということではありませんので、プロに見極めて貰わなければなりません。使用していた綿に新しい綿をプラスして、再び気持ちよく使うことができる状態にする打ち直しは、昔から行われているエコなお布団の使い方と言っても良いでしょう。

昔は、おばあちゃんが中綿を出し、不足した部分を別の綿で補って自宅で行っている家庭もありました。しかし、今はそのような家庭は少なくなり、専門店やクリーニング店でお願いしたり、インターネットでも気軽に依頼することができるようになっています。新しいお布団もふっくらとして気持ち良いのですが、長年使用してきた中綿を捨てることなく、綺麗にクリーニングし、不足部分を少しプラスするだけで、新しい物と遜色のない状態で使用できるなら、布団の打ち直しをしてみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *