打ち直しとは布団の中のわたを機械にかけて整え、職人が仕立てることです。

古くなった布団であっても新品のように生まれ変わらせることができます。打ち直しにかかる費用は新品の半分強とされていて、基本的には買うよりもお得です。寝具が人生に与える大きさを考えれば、しっかりと整えることの重要性は言うまでもありません。蘇った布団で寝ると寝心地も全く変わってきます。ただし、打ち直しに向かないケースもあるので注意しておきましょう。

そもそも、打ち直しが可能な布団は木綿わた、綿混わた、羊毛わたに限られます。他の種類であれば基本的にはできないと考えておきましょう。ただ、わたであっても寿命に達している場合には打ち直せなかったり、効果が薄かったりします。この点は素人では判断しかねるので専門の業者に見てもらうことをお勧めします。中にはほとんど効果が得られないような状態でも、お客さんにそのことを伝えない業者もあるので注意が必要です。

逆に優秀な業者の場合は仕上がりについて、厚めや薄め、重さなどを要望できるケースもあります。従って単なる値段だけで業者を選ばないことをお勧めします。もちろん、布団自体が安価だった場合は打ち直しではなく、新品を購入することも十分に考えられます。しかし、何らかの思い入れがあったりする場合はやはり仕立てなおしてもらうのがお勧めです。最近ではお試しコースなどを実施していることもあるので、業者のホームページなどを是非ご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *