布団は、かつては中綿がつぶれてくると取り出して解し、ごみや汚れは取り除き、減っている分は綿を足して、側生地も変えて仕立て直したものでした。

これを打ち直しと呼び、新品同様に生まれ変わることが可能でした。そうやって長年にわたって使用してきました。しかし最近では安価な布団が購入できるようになりました。打ち直すより手軽なため、傷んだら買い替えるのが一般的となりつつあります。確かに、打ち直すとシングルサイズの布団でも1万円前後するため、新たに買うことができます。

しかし、打ち直した布団は保温性や吸湿性、クッション性を取り戻し、側生地も新しくなるため、新品同様となるうえ、粗大ごみがでないため環境にも優しい方法です。気軽に捨てる前に打ち直すことも検討することをおすすめします。ただし、打ち直しにむかない場合もあります。中綿が羊毛やポリエステル等の場合はできません。また保管状態が悪かったり、15年以上使用していたりして中綿がひどく傷んでいるものなどは、直してももとの状態まで復元できない可能性が高く、わざわざ打ち直すメリットはあまりありません。

その場合は買い替えを検討しましょう。打ち直しはクリーニング店でも受け付けているところがありますが、しっかりした技術を求めるなら、布団専門店がおすすめです。中身の状態によっては打ち直しても良くならないからと断られる場合がありますが、どんな状態の物でも新品同様にすると宣伝しているお店より、信頼できるといえるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *